妊娠と失業保険

妊娠したため会社を退職した方は、失業保険を受け取ることができないのでは、と思っている方も多いのではないでしょうか。
確かに、失業保険の受給条件として、就労の意志と能力があることが定められていますし、妊娠や出産ですぐには働けない状態にある時には失業保険の基本手当は支給されないとされています。

ただ、これには特例措置が設けられています。
失業保険の受給期間は通常離職した翌日から1年間なのですが、病気や妊娠出産、育児などの理由で引き続き30日以上働けなくなった場合に、失業保険の受給期間を最大3年間延長することができます。

妊娠出産後、育児により3年間専業主婦でいた後に再就職に向けて失業保険の受給申請をすることが可能となるのです。
また、その場合の失業保険の支給については、自己都合退職の場合はやはり待機期間、給付制限期間を経ての給付ということになります。

妊娠などにより失業保険の給付期間を延長した場合、健康保険をどうすればいいのかと思う方もいるようです。
旦那さんの扶養に入っていた方については、その会社の健康保険組合で、何円以上の失業保険を受け取っている方の場合には扶養から外れなければならないという規定があるところもあります。
そのため、失業保険を受け取っている間は扶養に入れないケースもあるそうです。

ただ、失業保険の延長期間中については、問題なく被扶養者になれる場合が多いようです。
これは管轄の保険組合の規定によりますので一概には言えませんが、詳しくは会社の健康保険組合で確認してみてください。

失業保険の受給期間延長の措置は、地域の管轄のハローワークで行うことになります。
妊娠により延長を希望する方は、離職票、印鑑の他、母子健康手帳も用意してください。
本人がハローワークへ行くことができない場合には代理人により手続を行うこともできます。

申請の期間は、退職の翌日から1ヶ月のみとなりますので注意してください。
この期間を過ぎると、延長手続きを行うことができません。

妊娠出産後、しばらくは育児に専念したいという方には是非覚えていてほしい制度です。


ページトップへ
Copyright © http://situgyo-hoken.com/ All Rights Reserved.